Fotoliaの納税フォームの手続きについて

Fotoliaの納税フォームの手続きについて



先月からFotoliaで写真の販売を始めました。

そして、今月、写真が売れました。

写真が売れたらFotoliaからこんなメールが来ました。


【内容】
「お客様の作品が購入されました ? - 納税フォームの手続きについて」
平素よりFotoliaをご利用いただき、誠にありがとうございます。
お客様の作品が他のお客様により購入されましたのでお知らせいたします。
コンテンツのライセンス販売は経済活動となります。コンテンツ販売による収入は、アメリカ政府の IRS(国税庁)の源泉徴収が前提となります。
作品提供者の方、およびFotoliaが、この税法に従うことは重要なことです。Fotoliaサイト上のタックスセンターページにアクセスし、同ページに記載される事項についてご確認ください。
この手続きを完了され適するフォームが承認されるまで、Fotoliaにおけるお客様の収入は該当する税率にて自動的な源泉徴収の対象となります。対応する正しいフォームを提出することで、この源泉徴収税率の引き下げ、または免除となることがあります。
お早めにこの手続きを済ませられることをお勧めいたします。
以上、よろしくお願い申し上げます。
Fotolia Team


そういえば、「Fotolia」でこの手続きをしておかないと非常にもったいない状態になってしまいます。
とういのも、手続きをしないと、28%も税金がかかってしまいます。
でもこの手続きをしていけば税金がゼロ!
是非、手続きをしてください。

私も、最初は全然わからなくて、色々と調べながら手続きをしました。
そして手続きをこの様にしました。

1.まずどこで入力をするか?アカウント情報タグのタックスセンターを開く

2.納税フォームはどれを選ぶか?

  「アメリカ合衆国との租税条約を持つ国に在住の方」の「オンラインW-8 BENフォーム」

3.フォームの入力   注)この手続きは、アメリカに対しての手続きですから全て「半角英字」で入力します。





注2)↑このフォームが間違いやすいです。というもの、上から3つ目の箱にいれるのは
「Motion Picture / Television Images and Other」
という文章。箱が小さいと思いましが、ちゃんと入ります。



これで手続きは終了です。

そして数日すると・・・

「お客様の源泉徴収申請フォームは承認されました 」 というメールが届きます。 内容は、



趣味の利用はもちろん、お仕事での利用も幅広くサポート
格安モデルからハイスペック品まで
『レンタル館』


今、いろいろな機種のインクジェットプリンターが販売されています。
印刷物は依然と比べ、きれいで、高速になっています。
でも、インクって結構な値段がするんですよね。

うちでも某メーカーのインクジェットプリンターを使用していますが、インクが高くて…
正直、1ヵ月くらいプリンターからインクがなくなった警告エラーが出ましたがそのままにしていた時がありました。

プリンターのコンディションにはいいとは言えませんが正規のメーカーのインクは5,000円ぐらいしますから大変です。
5,000円って私にとっては安い金額ではないです。
それでいて印刷する用途がたくさんあって大変です。

そこでインクの金額をできるだけ安くしするため、 激安インク販売の【インクナビ】送料無料。 を使用してみるのもいいのでは?

印刷量が増えれば増えるほどその差は歴然!
まず!試してみては!

試して駄目だなぁと思ったらやめればいいんです!




スポンサーサイト

人気ブログランキングへ

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

[ 2015年03月11日 21時25分 ]
ストックフォト
| トラックバック(0) | コメント(0) | @

| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。